2018年09月26日

無題


長距離3年山本美里です。

まず、駅伝に向けての沢山のメッセージありがとうございました。すごく力強く、嬉しかったです。


何から書こうか…と考えましたが何かもうよく分からなくて乱雑な文になってしまいました。すみません。


今回の駅伝は6区を走ることになっています。でも、みんなを信じて待っているなんて言うつもりありません。8月6日から走れなくなって、自分がやらなきゃいけない、やりたいと思っていたことの半分も出来ませんでした。それでも私が走ることを許してくれた人達には頭が上がりません。信じてくださいと言うのは私の方です。感謝している反面、もう後戻りはできないと、やらなければならないと、責任も自覚しています。


自分もそうですが、特に5区までの選手に伝えたいこと。

襷の重さを感じるのは損です。襷は確かに重い。自分達だけでなく先代の人の思いもこもってます。でも、走るには身軽な方が楽です。だから背負うものというよりは背中を押してくれるものと思って走りたいですね。


自分の考えは甘いと自覚した上で言いますが、今の私には気持ちしかないです。走る練習で自信を積み上げていたのは少し前の事になってしまったので。でも今年の駅伝で走ることだけを考えてきました。心折れてません。むしろ少しは強くなった気がします。


私は駅伝主将です。名ばかりの存在な気がするし、私でいいのかなと常に思い続けてきたけれど、私の代わりはいない。周りに沢山頼って、重要なことは決めきれなくて、競技力で引っ張っている訳でもなければ、強力なリーダーシップがあるわけでもない。大事な時期に練習を積めていなくて、だけどそれが私で、色々あったとしても投げ出すことは出来ないししてはいけないから最後までやります。


最近出会った言葉です。

“自分の思うとおりの人生はありません。にもかかわらず人間には、輝くことの難しい条件の下で、輝くことの自由が与えられています。”

誰かが、あわよくばみんなが、走り終えた後に輝けたと思えたら嬉しいです。


本番は厳しい戦いが待っていると思いますが、きっと大丈夫と信じて、まっすぐ突き進むのみです。感謝は、本当にエネルギーになります。だからもうエネルギーは十分です。


最後に、ジャーナルには各選手の怪我と調子が良くないといった文を書きましたが、調子上がってきてない選手はいません。大丈夫です。


長くなりすみませんでした。当日、よろしくお願いします。

posted by kozy at 22:38| Comment(0) | 長距離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: